point_left

ブログ

point_right
夏の車内の熱対策
2020-07-21 15:40:00
カテゴリ:
WRITER:

pixta_1627288_S

夏の車内温度が高温になるのは、車ユーザーにとって悩みの種です。

炎天下での駐車・停車は、避けたいものです。

炎天下での駐車では、どのようなことがおこっているのでしょうか。

JAFで実験されたデータがありましたので、ご紹介したいと思います。


まず、炎天下での駐車ですが、気温が35度の日の正午に、に車内温度を25度に調整して実験がスタートしました。


何の対策もしない黒い車は、57度まで温度が上がりました。

白い車だと52度です。

ダッシュボードは、黒い車で79度、白い車で74度にもなっています。


ダッシュボードは熱を帯びやすい樹脂素材のため、このような状況になると熱で油分が抜けてねちょねちょになっていたり、紫外線によって硬化します。


炎天下での高熱からクーラーによる冷却で温度の変化が激しくなると、最悪ひび割れることも。


そのような事態を避けるためにできることは、サンシェードの活用です。

先ほどのJAFの実験によると、車内温度は50度と熱さに大きな変化はないですが、ダッシュボードの温度は、52度まで抑えられます。


車の窓を開けておくのは防犯上おすすめではありませんが、3㎝窓を開けておくと、車内温度は45度まで抑えられます。ただ、ダッシュボードは変わらず75度と高温なので、私有地などで窓を開けて駐車できる場合であってもサンシェードの併用をお勧めします。


エアコンをつけっぱなしにしておくという手段もありますが、エアコンを作動させておくと車内温度は27度に抑えられるもののダッシュボードは61度と高温です。

車内温度の上昇は抑えられますが、誤作動で車が動いたり、燃料切れでエンジンが停止する恐れがあるのでお勧めできません。


なお、車内に子どもを残したために、悲しいニュースを聴かなければいけない事故が起きていますが、エアコン停止からわずか15分で熱中症指数が危険レベルに達するとのことです。

エアコン停止から5分後には「注意」から「警戒」へ注意レベルが上がっていますので、ほんのひと時でも車に子どもを残してはいけません。


ダッシュボードに残してはいけないものがあります。

万が一にもスマートフォンを車内に残してはいけません。

「高温注意」という表示が出て、最悪使用不能になります。


プラスチックのケースに入ったライターは、JAFの実験によると2~3時間でケースに亀裂が生じ、ガスが抜けたそうです。

罰初には至らなかったものの、可能性はあります。

スプレー缶やライターも車内に残すのは避けましょう。


また、ダッシュボードに置いたフライパンに卵を割入れておくと、2時間で白身が固まっています。


夏の車内温度を抑えることは難しいですが、日陰に駐車すること、サンシェードを活用することが得策のようです。


暑くなった車内は、クーラーをしながら窓を開けて車を走らせるとググっと温度が下がります。暑い車内に入ったら、すぐに車を走らせましょう。


(参照:JAFhttps://jaf.or.jp/common/safety-drive/car-learning/user-test/temperature/summer